競売不動産の特徴:デメリット・・・②、トラブル内在の可能性あり。

トラブルとは、一体なんでしょう。

いろんな見方があります。

私は、マイホーム取得を目的とする場合は、

大きく二つに分類しています。

①、落札後不動産を使用するまでに、余分な出費と時間がかかる。

②、落札後その不動産を使用できるかどうか 不明。

普通、予算ギリギリの入札価額で入札に参加します。

余分な出費の事なんか、念頭にはありません。

頭にあるのは、マイホーム取得後のバラ色の生活だけです。

代金納付後、

明渡しが出来ず裁判になったとか、

裁判しても居座られて家賃 を貰うだけ、

なんて事になったら、これは地獄ですよ。

エンドユーザーの方は、

所有者居住物件に絞って検討することをお薦めしま す。

空家の場合は、ケースバイケースです。

滅多におこりませんが、

所有者居住のはずが、落札後行ったら別の人が住ん でいた、

或は空家のはずが、

落札後行ったら人が住んでいたなんてこともあります。

このような場合は、強制執行で、大半は処理できます。

但し、余分な時間と費用がかかります。

代行業者は、事前調査で、何となく分る場合が多いです。