競売物件を初めて考える方の代表的な質問2

【3】競売物件って、本当に安く買えるのですか ↑

最近は、全ての物件が確実に”安く買える”とは言えません。

物件によって、結構、落札価額があがっています。

無責任な言い方ですが、「運」です。

同じ入札期間内の他の物件、

或は他の裁判所の同時期の入札期間内の物件状況にも影響されます。

大きな流れとしましては、

競売の法整備が進んだ結果、トラブル事例が、以前より大幅に減っています。

それも、落札価格を押し上げている一因かもしれません。

【4】競売物件でローンが利用できますか?

都市銀行は、エンドユーザーの方には、難しいようです。

地銀、信用金庫、信用組合、労金などのほうが窓口は広いようです。

但し、所有者以外の占有者が居住する物件は難色を示すかも知れません。

取りあえず、お取引金融機関に相談されることです。

投資用物件の場合、手持金が相当ないと、難しいようです。

全額借り入れに成功した例を聞くことがあります。

しかし、鵜呑みにはしない方が良いでしょう。

【4】-1 落札できませんでした。振り込んだ保証金は戻りますか。

落札できなければ、振り込んだ保証金は、戻ります。

そのため、入札時に提出する、

「入札保証金振込証明書」という書類の中で、

「保証金の返還請求」と言う項目があります。

その欄に、

「金融機関と支店」、「口座番号」、「預金種別」、「口座名義人の住所・氏名」

を記載します。

保証金は、開札期日から、約10日前後で、その口座に返還されます。